なにこのゆるゲー!?ねこあつめの世界観がたまらん!

れんさん

最近インターネットの記事や有名人のツイッターなどで紹介されまくっているのでご存知の方も多いと思いますが、「ねこあつめ」というゲームが流行っているようです。

わたくし、ネットの記事で見かけてひとめぼれ。

普段ゲームを全くやらないのですが、本日ついにスマホにインストールしてしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ねこあつめって、どんなゲーム?

ねこあつめは、Android、iOSで動作するスマホアプリです。
庭先に猫たちを集めてただ眺めるだけというもの。

猫たちを集めるために色々なグッズやおもちゃ、おやつなどがあり、それを設置し、あとは勝手にやってくる猫を眺める。そもそも猫は気ままで勝手な生き物だという事をそのまんま利用して作られた、

「してやられた感」

満載のゲームです。

育てるのではなく、遊んであげるとかでもなく、ただ眺めるというユルさが魅力。

集まってきた猫たちは「ねこてちょう」に記録され、また、アプリ内で猫の写真を撮って、アルバムを作ったりも出来ます。

猫たちの名前も自分で変えられるとのこと。

アプリで表示される文字列がひらがなばっかりだったり、グッズやおやつを購入する貨幣単位がにぼし(10にぼしとか、100にぼしとか)だったりする世界観がたまらん。

あと、絵がカワイイのが最大の魅力と言えると思います。何でもないデザインなんだけどね。スゴイね。

さあ、ねこをあつめてみよう。

スマホアプリをインストールします。

ねこあつめ公式

インストールして起動すると、チュートリアルが始まるので迷わず始められると思います。

最初におもちゃの購入が促され、購入、設置をするとそのうちねこがやって来ます。

私の場合はピンクのゴムボールを買うよう指示があったので購入。その後、縁側に設置しました。
購入するのに「にぼし」が必要ですが、インストールした時点で60にぼし(だったと思う)ありました。

60にぼしあったら、ビニール袋(10にぼし)とか、他のグッズ買えるじゃん、と思いましたが、チュートリアル中はピンクのボールしか買えなかった。

無料のカリカリおやつも設置。
少しすると、しろねこさんがやってきましたよ!

image

しろねこさんが来た所を見たら、にぼしが増えていました。
なので、おもちゃを一個買って置いておいたら、、、

image

今度はくろねこさんが。

その後、買い物で一時間ほど放っておいたら、庭先に誰もいなくなっていました。

image
でも、しろねこさん、くろねこさんから、プレゼントとしてにぼしと、ゴージャスなアイテムをゲットできる金にぼしが。
ありがたく受けと取っておきました。
という感じで進めるのですが、ゲームに疎い人でも、テキトーにタップすればだいたい出来ると思われます。

簡単なので、日本語バージョンしかないにもかかわらず、外国人ユーザーも多いらしいです。

さっき妹にLINEで「ねこをあつめはじめました」とつたえると、ヤツははまるのが目に見えているので耐えている模様。

Webコミックサイト、モアイで連載されている猫漫画 ペン太のことでも描かれていますね。

実家にはこの記事のトップ画像になっているスコティッシュホールドがいるのですが(こちらのねこさんね)、ねこあつめに出てくるんかなあ。
育てる系のゲームでは、そのうち面倒になって起動すらしなくなり、悲しい結果になってしまった、というのはよく聞きました。

しかしこの「ねこあつめ」では最終的には猫が来なくなるだけという結果になると思われ、離脱するのにも縛られてる感じがしないのがあっぱれです。

ブログランキング

ランキング参加中です。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク
レクタングル大広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です