なんと単価半額に!高いプロパンガス(LPガス)の料金が交渉で安くなった!

image

プロパンガスを使っている皆様、ガス代高いと思いませんか?都市ガスと比べるとその差は歴然。
でも、簡単に引っ越したり出来ません。

ちょっとでも安くなってくれないかしらん。と思っていたら、売り込みがやって来たのです。

さあ、見直し見直し。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

まずは現状の把握。今月のガス代はおいくら?

現在東京都内一戸建てに二人住み。
2015年5月分のガス代はなんと15401円(税込)でした。高すぎだろ。

使っているのは食事の支度と後片付け、洗面、お風呂。

5月は暑かったのでお湯の温度も冬より低め設定にしているし、煮物とかはしてない。

まあ、使用量が22.0㎥ですから、使いすぎかなあ、という気はしますが。
お風呂でシャワーを出しっぱなしにする輩がいるからですね(怒)。

このガス料金ですが、毎月来る検計および請求書には今月はいくらですよ、という最終的な金額しか書かれていません。
内訳が分からない状態になっているのです。なんだこれ。

ただ、聞いた話によると基本料金が1500円なので、

15401-1141(消費税)=14260円
14260-1500(基本料金)=12760円
12760/22.0㎥=580円

ということで、今利用しているガス会社での1㎥のガス単価は580円となります。

インターネットで調べてみたらこれがどこのサイトでも「高すぎだろ」と表示されました。

ひー。私としたことが。ぬかってたよ!

ガス代を安くする方法を考える

現状、高すぎることがわかったガス料金ですが、少しでも安くできないでしょうか。出来そうなことを幾つか挙げてみました。

節約する

先にも書きましたが、二人世帯で22.0㎥はちょっと使いすぎなのでしょうか。

よくわかりませんが、お風呂の沸かし直しについては二人が入るタイミングを調整し、シャワーの出しっぱなしは注意喚起で対応。
今後、別途節水シャワーヘッドの導入を考慮したいと思います。

また、給湯の設定温度は最低の37度、お風呂は39度にしました。

ただねえ、、、どーせ節約しても同居人がブチ壊しにかかるんですよね。

だから節約には限界があります。

現在のガス会社に値下げ交渉をする

皆さんご存知でしたか?プロパンガスの料金は事業者が自由に決められるのだそうです。
私も今回色々調べて知ったのですが、業者間で差があり、場合によっては同じ業者でも顧客ごとに金額が違うんだとか!

金額が相場よりも相当高いということは、足元を見られているきらいがあります。

業者に値下げの交渉をしてみましょう。

ただし、相手も商売ですから簡単には応じないでしょう。

そこで、交渉の時に値下げさせるだけの材料が必要です。

2014年はじめ頃から、CPと呼ばれる、サウジアラビアなどの産ガス国が毎月決定する輸出価格はどんどん下がっています。

普段あまり気にしていないと思いますが、現状、ガスの原価が下がっているのになんで値下げはないんじゃーい、というのは一つの材料。

また、近隣の別会社の単価を調べるというのも手ですね。

他社に乗り換える

携帯電話じゃないですが、プロパンガス会社は基本どこと契約しようが勝手です。

住宅を建てる場合は住宅メーカーが付き合いのある業者に頼んでしまったりしますが、そもそもその際に自分で業者を選んで契約することもできます。後から変えることももちろん可能。

契約の内容に依存するとは思いますが、より安い業者、良いと思う業者に変えて良いんです。

ガスの単価たっけえー、という時は近隣も業者の単価やサービスを問い合わせてみる事をお勧め。

ご近所付き合いがあれば、ご近所さんにも聞いてみましょう。

インターネットで検索してみると、適正価格や業者の紹介を行っている社団法人がたくさんあるので、そういう所に聞いてみるのも良いでしょう。

都市ガスに変える

都市ガスはプロパンよりもずいぶんお安いようです。

実は近くまで都市ガスの管が来ていた!なんていう場合は都市ガスに乗り換えてしまうという手もあります。
管が自宅前の道路まで来ていれば、そこからの引き込み管と自宅での設置工事だけで使えるようになるみたいですよ。

都市ガスの管がどこまで来ているかは地域の都市ガスの会社に聞けば教えてくれるそうです。

そう考えると、オール電化にしてしまうという手もありますね。

でもこれらは初期コストががっつりかかるので余裕がないと出来ませんね。

我が家も将来はオール電化にしたいと思っています(だから都市ガスの工事をする選択肢は無しです)。

実際に交渉してみた。

見直しのきっかけ

そもそも、今回ガス代を見直すきっかけとなったのは別のガス会社からの売り込みでした。

その会社は単価をなんと290円にすると言うのです。今の半分じゃん!

タンクの設置も、会社の切り替えも全部こちらでやるので面倒はないですよ、と。

ガス会社、変える?変えない?

話している途中で、「隣も変えるって言ってますよ」と聞いて、俄然イヤな感じがしてきました。
調べてからお答えしますと返事をして、それからとりあえずネットで調べました。

そのガス会社は評判がイマイチだとか、はじめは安くしてるけどこれは勧誘価格だとかありましたが、ネットの評判は数割ましで書かれているので話半分に聞いて。
でも安いよねえ。半額だったら、後で値上げされてもいくらまでなら大丈夫とか、何年先までならどうか、とか色々考えました。

そこで、はたと気づきます。
まずは現行の会社に値下げ交渉だ!
値下げ交渉のために、こんなに良い材料はありません。

早速電話すると、担当者が苦悩していました、、、。
近所の人たちも勧誘を受けてこぞって電話していたのです。

こちらが説明するまでもなく、
「ただいま検討しておりますので、明後日まで待ってください」
とのことでした。

その結果、、、。

値下げ交渉成功。勧誘を受けた業者よりもさらに10円お安い単価にするとの事。

じゃあ、これまでの金額は何だったんだ、、、と、怒りがこみ上げてきそうでしたが、その代わり当面は値上げしないということでした。

まあ、口約束ですからどうにでもなりますが。
でも、競合他社が参入してくれた事はラッキーで、今後も値上げがあった場合には使えるのではないかと思います。

結局、今回はいろいろあって単価をなんと半分以下にすることに成功しました。
別会社、割り込んできてくれてありがとう。

それがなければこのまま高い料金を払い続けていたかもしれませんし、たとえ交渉してもここまでは安くなっていなかったでしょう。

この話が「LPガス料金が高い!」とお困りの皆様の参考になれば幸いです。

ブログランキング

ランキング参加中です。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク
レクタングル大広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です